ごらくクエスト

VR&ゲーム情報。質問等あれば、コメント、ツイッターで連絡ください。わかる限り解答します

VR「Oculus Rift S」が欲しい!初めて買うVR機に最適か??新VR機「オキュラスリフトS」の製品まとめ。

VRが欲しいんだけど、最近発表された「Oculus Rift S」はどう?
「オキュラスリフトS」の主な特徴があったら教えて!!
旧型「オキュラスリフト」との違いは?他にオススメのVR機あったら教えて!

f:id:sunny551:20190306221811p:plain


こういった疑問にお答えします。

 


[GDC 2019]にて、FacebookからPC向けVRへッドセットの最新型「Oculus Rift S」が発表されました。2019年春、$399(日本では、4万9800円)でリリースされる予定です。


それでは、どういったVR機なのかを見ていきましょう!

 

 

 

 

 

1、VRが欲しい!初めて買うVR機には「Oculus Rift S」は最適か!?新VR機「オキュラスリフトS」の製品まとめ。

f:id:sunny551:20190321150344j:plain


結論から言うと、高性能パソコンを所持している人にはオススメできます。

(「Oculus Rift S」は、PCに有線接続するタイプです。パソコンが必要です。)

 

「Oculus Rift」から、更にパワーアップした製品なのでコチラを購入するのが一番でしょう!PCVRの中では、一番のオススメと言える製品に躍り出た気がします。


コレはすごい!と思った主な特徴。アップデートされた、変更点を見ていきます。

 

◆主な変更点◆

・外部センサーが必要なし

・ディスプレイに網目が見える問題を軽減

・奥行きのずれを最小限に抑えるパススルー機能

・装着感アップ。 マジックテープ式からダイヤル式へ

・イヤホンジャック付(好みのヘッドフォンに変更可能)

・ディスプレイ解像度を片目1280×1440ドットにUP

 

 

ずらっと書き出しても、VRをプレイして重要だなと思うところはしっかりアップデートされてきている印象です。

 

ディスプレイの高解像化、リフレッシュレートの向上はもちろん。

装着感までもアップデートしてきてくれました。コレは超重要です。ベルトバンドは、正直フィット感が最悪です。プレイに支障をきたします。ダイヤル式は、例えるとするとゴーグルからヘルメットに変えたくらい装着感がアップされます。本当、すべてにおいて気が利くアップデートをしてきている印象です。

 

 

その中でも目玉のアップデートはコチラです!

・外部センサーが不要になったこと。

「インサイトトラッキング方式」採用。内部で位置を把握する技術のことです。

これによって、外部センサー、カメラ、ケーブルを接続する必要がなくなります。設置や、起動時においての面倒くささが一気に解消されます。

 

f:id:sunny551:20190321151738p:plain


例えば、HtcViveですと2つのトラッキングセンサーを部屋に取り付けなけばいけません。起動時も、2つのセンサーを電源アダプタに差し込むことから始まります。正直めんどう臭いのです。「Oculus Rift S」は、このような面倒を省いて、自由な移動を実現する「ルームスケールVR」が堪能できることとなります。すごい技術です。

 

 

まとめます。

 

まとめ
VRを動かせるパソコンがある場合、「Oculus Rift S」がオススメ!

 


VRを動かすパソコンがないと言う場合は、同時期に発売される「Oculus Quest」をオススメします。こちらは、ケーブルなし、単体で動作する一体型VR機です。

記事もまとめていますので、よかったら参考にしてください。

 

www.enjoy-blogger.com

 

 

 

 2、おわりに

f:id:sunny551:20190321152401p:plain

 

 

Facebookが「Oculus Quest」に続き、「Oculus RiftS」も発表してきました。

 

ハイエンドなVRアプリを楽しみたい場合は、「Oculus RiftS」。

手軽にVRを遊んでみたい人は、「Oculus Quest」と言う位置づけですね。

 

どちらも、$399。

しかし、日本ではなぜか¥49,800で売られるとの情報が(;_:)

 

まっ、いいでしょう。

ボクは、HTCのViveがあるので「Oculus RiftS」は見送りします。狙うは「Oculus Quest」です。やっぱり単体で動く。しかもケーブルレス、外部センサー不要の「インサイドトラッキング方式」。魅力がたっぷりです。

 

外部センサーが必要なしで、自由な移動が可能になる「ルームスケール」機能。もし、ストレスなしで遊べたら他社から発売されているViveは厳しい立場になるでしょう。Viveの真骨頂は正確なトラッキング能力にあったからです。

 

FacebookがVR市場の覇権を取りに、本気を出してきている印象です。

 

Oculus製品は、VRを世に浸透させることができるでしょうか。

今後のVR市場に目が離せません。

 

 

その他、Valve(steam)からもVR機が発売されます。

こちらの商品もかなり魅力的です。

発売も決定されています。参考にどうぞ!

www.enjoy-blogger.com

 

 

 

それでは(・ω・)ノ