ごらくぶろぐ

HtcViveでVRゲームやアプリを遊んでます。PS4、PCから書評までの雑記ブログ!

VRは面白い!色々ゲームやアプリを体験したのでVR体験レビュー。

VR機が欲しい。

VR購入の一押しが欲しい。

と言うかた向け、VRレビューの記事です。

 

ぼくは、2018年5月にVR機『HTCVive』を購入しました。

半年ほど遊び、VRゲームを30本ほど体験しました。

 

f:id:sunny551:20181220215500p:plain

 

今、現在も物すごくVRにハマっています。

なので、VRを初体験したころを思い出しレビューをしていきたいと思います。

 


購入の参考になれば幸いです。

 

 

1、VR機、バーチャルリアリティーとは?

VR機とは、日本語に訳すと「仮想現実」と言う意味です。

 

しかし、これは間違いです。

ただ、そのまま訳され使われているだけです。

 

欧米でのvirtualのニュアンスは、“ほとんど実質的なもの“と言う定義です。

ですので、現実世界と同様な空間を人間のまわりに作り出す。

 

f:id:sunny551:20181219194422p:plain

 

VRとは、「実質的には、現実世界である。」が正しい定義です。

 

 

2 初めてのVR体験

■2-1 VRの感想


初めてPS3をプレイした時、グラフィックの凄さに感動したのを覚えています。

リアルなグラフィックに3D映像。

圧倒的な没入感に、時間を忘れてプレイしていました。

しかし、グラフィックも一定以上の画素数となると認識できない世界です。

グラフィックで感動する時代に終焉を迎えていたときでした。

 

そんなときに、装着したVR。

ヘッドマウントディスプレイを被った瞬間にひろがる異空間。

 

f:id:sunny551:20181219172444j:plain


 


言葉を失いました。。

絶句でした。

 

没入感が度を超えている・・・。

すさまじい衝撃を感じました。

 

ヘッドマウンドディスプレイをつけた瞬間から、広がる別の世界。

頭ではわかっていても、その世界にいるような錯覚を受けました。

 

どうやら僕の脳は完全に騙されてしまったようです。

 

ある研究や実験で、VRをプレイすると視力が向上されるという結果が出たらしいです。
それは間違いないかもしれません。

だって、遠方がたしかに存在しているのですから。

 

VRの世界に入ると、ぼくは広くて大きな部屋の中に立っていました。

目の先には、100インチ以上ある大きなスクリーンがそびえ立っていました。

その威圧感に、思わず腰をぬかすほどでした。

 

まわりを見渡せば数々のオブジェクトが棚に飾られています。

部屋の中を物色していると、鳥の鳴き声が、、

後ろを振り返ると外が眩しい・・・。

陽光に誘われ庭に出てみると、優雅に蝶が飛びまわっています。


揺らめく木々。

遠くかなたには、そびえたつ山々。

上を見上げれば大きな空。

 

全てが立体的でリアルでした。

 

怒涛の臨場感が視界を通して体全体に広がりました。


これは驚きます。

…これがバーチャルリアリティーか。


とりあえず、目に入るもの全てが新鮮でした。
気になることがあったら近くに行きたい。

確かめたい。

好奇心が止まりません。

部屋にあるオブジェクトを手に取って眺めたり、ペンを使って空間にお絵描きなどをしていました。

 

なぜか購入しておいたVRゲームを始めようと言う感覚になりませんでした。

なにせ景色を眺めているだけでも楽しいのですから。

ただただ、この場の感動に包まれていたかったのです。

そんなこんなで不思議な体験を1時間くらい過ごしていたでしょうか。

夢のような感覚に陥ってたこともあり、さすがに疲れを感じていました。


少し休みたい。

とりあえず庭にあるベンチで一服でもしようと腰を掛けました。

(どすん。)


思いっきり尻もちをつきました。

お尻と腰に衝撃を感じ、その時にぼくは気が付きました。


VRはすごい。

 

 

■2-2VR体験してしまうと病みつきになって、廃人化する!?


VRゲームは、その世界に入り込みます。

ドライビングゲーム、ホラーゲーム、シューティング。

すべてリアルでアトラクション施設に行ったかのように楽しい時間を過ごせます。

f:id:sunny551:20181220220800p:plain

 


購入当時は、あまりにもハマってしまい毎日のようにプレイしていました。


だからと言って、廃人化するかと言ったらNOです。


VRを体験すれば、日常の刺激が薄れていくのかと思っていました。

しかし、そんなことはありません。

逆に、生活が色どります。


何気ない”物”や”こと”に有難みを感じるようになります。

触れる感触。

匂い。

味覚。

振動。

当たり前だと思っていたことがVRを体験することで、改めて気付かされます。

すべてが美しく感じ、現実は素晴らしい世界に感じます。

 

VR機を持てば、良いこと尽くしになります。

間違いありません。

VR買いましょう。

いっしょにあそびましょう!

 

 

■おすすめのVR機

たくさんの種類があるVR機。

どれを買ったらいいの?と迷っている方への記事です。

よかったら、こちらも読んでみてください。

www.enjoy-blogger.com 

 

■VRに最適な入門無料ゲーム

steam内でじっさい遊んだ無料のVRゲームを厳選してまとめています。

VR機を購入したときは、ぜひ参考にしてください。

www.enjoy-blogger.com

 

 

 3、まとめ


結論で言うと、”最高すぎ”と言うことです。
VR機を買って非常に良かったと思っています。


VR欲しいなと思っているなら、是非一度VRの体験会に足を運んでみてください。

体験してみたらわかるはずです。

きっと手に入れるはずです。

 

そして、VR購入を踏みとどまる一つの理由に、装着した図が滑稽であるという意見があります。

確かに家族や恋人などと暮らしている場合、購入に躊躇すると思います。

だが、自分の部屋があるようにHMDも一人でこっそり楽しむものだと僕は思っています。

f:id:sunny551:20181220221432p:plain

 

 

あなたも現実世界から離れて、自分だけの世界を”一台”持ってみてはいかがでしょうか。

 

かけがえのない自分だけの時間を手に入れましょう。