ごらくクエスト

【VR】OculusQuest(オキュラスクエスト)。その他、ゲーム。映画。漫画。ガジェット。娯楽について書く雑記ブログ。

【レビュー】TEAC『 AI-301DA』。FOSTEX 『PC200USB-HR』比較。おすすめのプリメイアンプは?

f:id:sunny551:20210915142747p:plain

 

「PCオーディオ初めたいけど、何のUSBダック買えばいいの??」

「TEACの AI-301DAの使用レビューが知りたい!」

「FOSTEXのPC200USB-HRと比較して、どっちがオススメ??」

 

f:id:sunny551:20210907114931p:plain

こういった悩みにお答えします。

 

「アンプで音質は変わるのか??」

どうしても自分の耳で検証したく、アンプを買い足ししました。

 

TEACの『 AI-301DA』(約39,000円。)

比較対象は、FOSTEX 『PC200USB-HR』(約18,000円)となります。

 

両方、数日使ってみたので、さっそくレビューしていきます★

アンプ購入に悩んでいるかた、どうぞお付き合いください\(^o^)/

 

 

 

 

 

アンプで『音質の違い』はあるのか?

f:id:sunny551:20210915100009j:plain

 

結論を先に言うと、アンプで音変わります。

 

新たなアンプ購入!

ワクワクで、TEACの『 AI-301DA』をつないで、音鳴らしました。

 

うわっ(焦)

 

ギターの音でかっ。。。 低音でかっ!

細かい音まで、よく聞こえる。

音の解像度高すぎて、聞きづらっ。

 

はっきり言って、戸惑いました。

「うわー、安い方のがイイやん(泣)。」

 

 

すいません。

音楽は感性に依存するので、個人的な感想となります。

 

正直、音がハッキリ聞こえすぎて、全体がウルサく感じるのです(涙)

FOSTEXの方は小さいのに、すごく引き締まった良い音が出ます。

 

 

いや~、どうしよう。

メインで使おうと考えてただけに、不安が押し寄せます。

 

 

と、思っていたのですが!!!

数日後、評価が一変しました。

 

 

 

 

エージングが効いてきた!!

 

f:id:sunny551:20210915101257j:plain

 

アンプにエージングはないと思ってました。

 

でも色々調べた結果、アンプにもエージングがあるとのこと。

(エージングとは、音を出して電子機器を慣らすこと。)

 

実際にエージング時間の目安を公開しているDACメーカーなどもあります。

諸説ありますが、半導体、コンデンサーが安定して音質が改善されるそうです。

大体、多くのメーカーは200~300時間を目安としてるそうです。

 

 

ファーストインプレッションは微妙と思ってました。

ですが、休日もずっと鳴らしていた結果。

 

「 TEAC めっちゃエエやん!!!」

 

尖っていた音が、まろやかに。

明らかに聞きやすくなってるんです。

 

解像度が高いので、演奏者の定位もわかる。

これは聞いてて、めっちゃ楽しいアンプだ。

 

アマゾンHDであがってたハイレゾの宇多田ヒカル。

じっくり聞いたら、音がブワーって全体から包み込んできて、鳥肌たちました。

 

 

「めっちゃエエやん!!」

 

 

果たして、アンプがいいのか?

その時の気分がよかったのか。

スピーカーがいいのか?ハイレゾが凄いのか?

 

いや、宇多田さんが凄かった。彼女は天才です。

もうわからんけど、感動に包まれまくりました。

 

 

結論。

アンプ入門には、コノ商品がオススメです!

ヨカッタ点、挙げていきますネ。

 

 

 

 

PCオーディオ入門者にはTEACの『 AI-301DA』が押し!

 

f:id:sunny551:20210915102232j:plain

 

価格比較すると、TEACの『 AI-301DA』は約39,000円。

FOSTEX は、約18,000円。

価格差は約2倍あります。

 

両方使ってみたが、TEACの『 AI-301DA』カナリいい!!

 

音を良く鳴らすのは、さきほどお話した通り。

それ以外にオススメする点は3つ。

 

① 入力口の多さ

② ヘッドホン端子の位置

③ Bluetooth 

 

 

順番に見ていきます。

 

①入力口の多さ

f:id:sunny551:20210915130810j:plain

 

この価格帯で、この豊富な入力数!

 

■入力

・アナログ入力×2

・光デジタル×1

・光同軸×1

・USB×1

 

■出力

・スピーカー

・サブウーファー

・ヘッドフォン、イヤホン

 

 

パソコン以外にも、レコードプレーヤーつなげたり、TVつなげたり。

サブウーファーを増設したり。

 

楽しみの幅を広げられる!!

 

 

② ヘッドホン端子の位置

 

f:id:sunny551:20210915132133j:plain

 

イヤホン端子が前にある!

 

これ、めちゃくちゃ重要。

FOSTEX が残念な点は、イヤホン端子が後ろにあること。

 

夜も大音量で楽しみたい。

周囲に聞かれたくない音声がある。

 

そんなとき、スムーズにヘッドホンが接続できる!

イヤホン端子が前にあることは、カナリ重要です。

 

 

③ ブルートゥース接続

 

f:id:sunny551:20210915133224j:plain

 

Bletoothないと困る。

FOSTEXを使って思ったのが、ずっとPCの前に居るワケではないと言うこと。

 

PCをシャットダウンしてしまったあと。

読書のために、ソファに移動したり。

ベットに移動したとき。

 

なんか、音が恋しい。

そんなときにスマホ接続が便利。

 

有線接続と比べると、音質はメッチャ落ちる。

でも、遠くから遠隔操作できるのは、すごく便利。

 

 

 

その他にもヨカッタ点。

 

f:id:sunny551:20210915134041j:plain


リモコン。

必要ないと思ってたけど、使いみちあった。

 

読書するとき、ソファーにkindle端末とリモコンだけ持っていく。

PC前だと、誘惑が多くて集中力が持たない。

 

なので、このリモコンだけ持っていけば解決☆

読書に集中したかったら、ソファーから電源オフったり、音量下げたりする。

 

よきよき。

 

 

あとは、オートパワー機能がついてること。

信号感知しなきゃ自動で電源オフってくれる。

光ケーブル接続でTVと繋げれば、一緒に電源入ったり切れたりする。

 

 

 

 

残念だった点 

f:id:sunny551:20210915134915j:plain

 

音量に関しては、カナリ不満あります。

 

①まず、音量の位置が認識しづらすぎ。

赤い矢印の先に、ちょこっと点がついてるのわかります??

 

わからないっすよね??

 

そのレベルです。

近くで見ないと、今何時の場所に音量があるかわからないレベルです。

認識しづらすぎ。

これは、ステッカーとか貼って対応予定です。

 

②あと、音量の微調整がむずかしすぎ。

このアンプ、パワーはめちゃくちゃあります。

半分以上あげると、スピーカー壊れるくらいの大音量。

 

25%あげるくらいで、大音量になります。

この0~25間の微調整が、むずかしすぎ。

ちょっとあげれば、すぐデカくなるし。

小音量で聞きたい場合は苦労します。

 

 

 

 

購入前に気をつけたい点

f:id:sunny551:20210915141108j:plain



後ろ、けっこう幅とるので注意!

 

本体寸法 25.4 x 21.5 x 6.1 cm

重さ 3.12 Kg

 

奥行き約25cmだけど、ケーブルたちも刺せなきゃいけない。

なので、その分のスペース確保も考えておきましょう。

 

 

 

 

まとめ

f:id:sunny551:20210915141637j:plain

 

TEACの『 AI-301DA』と、FOSTEX 『PC200USB-HR』。

軍配が上がったのは、ティアックの方です。

メインで使っていきます。

 

音は、どちらも良いですヨ!!

ただ機能面や、使い勝手を含めるとティアックが優勝。

 

 

① 入力口の多さ

② ヘッドホン端子の位置

③ Bluetooth 

 

 

これは、FOSTEXにないモノです。

 

 

逆にシンプルな操作を求めてるならFOSTEX優勝。

あのデザインとコンパクトさは、唯一無二。

PCをいじらないで、手元でかんたんに音量操作できるのも気持ち良し。

 

 

 

どっちも素晴らしい製品です。

以上です\(^o^)/

 

 

めっちゃオーディオ沼にハマりつつある。

次は、お仕事がんばってヘッドホン買います\(^o^)/

 

 

▼FOSTEXの記事はコチラをどうぞ!

www.enjoy-blogger.com

 

 

 

▼今回紹介したアンプ内蔵USBダックです。